ポイント5:吸収性の良いコラーゲンは低温でも固まらない

コラーゲンはそのままでは分子量が大きく(30万)直接胃腸から吸収されることはありません。
分子量が小さいほど、消化吸収を容易にし、コラーゲンの効能が即効性をもって実感できるというわけです。

分子量の小ささを簡単に見極める方法があります。
液体コラーゲン商品を冷蔵庫に入れてみることでわかります。
分子量の低いコラーゲンはゲル化温度も低いため、ゲル化しにくいコラーゲンが良いコラーゲンといえます。