ポイント2:製造法によって、良いコラーゲンと悪いコラーゲンに分かれる。

表1にコラーゲンを抽出する代表的な製造法を示しました。
大きく分けて、

1. 酵素法(粉末)
2. アルカリ法(粉末)
3. 加水分解法(液体)

に分けられますが、不純物の混ざらない純粋コラーゲンを抽出するには、一切薬品を使わない加水分解法が優れています。
酵素法では添加酵素が、またアルカリ法ではナトリウムが商品に残存しているので純粋とはいえません。

加水分解法の中では、煮出し法、高圧法を経て開発された高度な精製、滅菌、脱臭工程を要する水熱分解法は、現在、高純度コラーゲンを得る最先端技術の方法といえるでしょう。
コラーゲンを市販する販売者あるいは製造者は、その製造法の情報を消費者に伝達しようとするところは少ないのが現実ですが、製造方法の概要を理解して、製品を自分の目でチェックできるようにしたいものです。

そのためにも、原料の由来、製造方法、製造者のすべてを開示している良心的な製品を選ぶようにしましょう。

ルウ研究所では高圧法、加水分解法を開発してきました。現在は高い技術の加水分解法を採用しています。