イカ・コラーゲンハイドレート

スクラブ剤の現状

洗顔クリームに利用されるスクラブ(研磨)剤は、表皮の汚れを洗い落とすことを目的に、たとえば、以下のようなものが微粒子として添加されています。

○クルミ、とうもろこし殻の微粒子
○プラスチック微粒子(PE,PS)
○シルカ、炭酸カルシウムの粒子
○貝殻の殻の微粒子

いずれも、研磨効果が期待されるものですが、機械的な研磨による表皮の汚れはとれるものの、毛孔の中にまで入り込んで沈着しているしつこい汚れは取れにくく、また洗浄効果をもつ界面活性剤と併用されるため、これらのスクラブ粒子を使った洗顔剤では、研磨作用により角質層の離脱を優先すれば健康な素肌を痛めることになり、またそれを防ぐために界面活性剤を添加すれば油成分が残るという不具合が生じることになります。
汚染された空気にさらされている皮膚は、通常自らの出す汗により湿った状態になっていますが、たばこの煙や排気ガスなどの酸性ガスが溶け込み、皮膚表面は酸性になっています。これが、さらに汗の蒸発により濃縮されて強酸性状態となり、皮膚に悪影響を及ぼすことになります。

イカ・コラーゲンハイドレート微粒子の構造

イカから抽出したβ-キチン質・コラーゲンハイドレート微粒子はそれ自体で洗顔剤のすべての機能を持ち合わせている従来にない新規な「夢の洗顔、エステ剤」と言えるでしょう。その特性は、以下のように示すことができます。

図1に示したように、β-キチン質の繊維が束になってイカやタコの足にあるような吸盤状の空間構造をしていて、さらにその繊維の表面をイカ・コラーゲンタンパク層が覆っている理想的なスクラブ洗顔剤の微粒子となっています。キチン質の化学成分は、90%がキチンですが、残りのほぼ10%はキトサンであり、水溶性で電気的にキャットアイオン(+)に帯電しています。

素肌に優しい3つの作用

ハイドレート微粒子の構造は、柔らかな以下・コラーゲンタンパク皮膜に被覆された繊維状に束になった吸盤構造のキチン質が芯になっています。

スクラブすると、まず微粒子外殻膜を形成しているイカ・コラーゲンタンパク質が表皮に馴染み、自ら脱離して界面活性作用の役割を果たします。

吸盤構造になっているキチン質層が角質層を研磨作用により取り除き、同時に水溶性のキトサンのキャットアイオン(+)の電気的吸引作用により、毛孔の汚れ成分をちょうど電気掃除機のように吸い取ってきれいにしてしまいます。

これらの作用が一体となって素肌の角質を滑るようにやさしくスクラブします。洗い流すと、光沢のあるお気に入りの素肌は水仕事をしても数日間保持されます。

汚れの電気的吸引作用

キチン質に10%程度含まれる水溶性のキトサンに特有のアミノ基による強力なアルカリ性のキャットアイオン(+)により、毛孔の中に隠れた多くの汚れは負(-)に帯電することになり、またこれらの有害酸性物質は電気的に中和吸引され、きれいに取り除かれます。

素肌の美白作用

このように健康的な皮膚に損傷をあたえることなく、すべての汚れは摩擦するだけで取り除かれるため、皮膚呼吸が活発になり、素肌の再生を促すことになり、このことがつややかな美白効果を生むことにつながります。

ika-06

図1. イカコラーゲンハイドレートの構造
(SEM写真)

イカコラーゲンタンパクの構成アミノ酸の特徴

  1. チロシン(ダイエット、スキンケア、免疫力、脳力アップ)
  2. プロピン(細胞の再生)
  3. ヒスチジン(成長促進)

イカ軟骨の組成分析値

ika-04

成長促進アミノ酸

ika-05