はじめに:スカール(ウロコ)コラーゲンは細胞をつくる母体

魚には動物にはないウロコがあります。生命の母といわれる海や河に住む多くの魚のウロコには消化、吸収性に優れたコラーゲンがたっぷり含まれていることは、既に下関水産大学校の浜田盛承教授らの研究で明らかにされています。

私は未利用資源としてのウロコの研究を進める中で、幸運にもある種の比較的硬い魚のウロコは、コラーゲンとキチン質の複合体であることを発見しました。
ちょうど、大木のキチン質(分子量/300万)につたが絡むように3つ編み状のコラーゲン繊維(分子量/30万)がまつわりついている状態が推定されます。

これらの複合体を最新のトリメガパスカル・触媒法で処理をすることにより、低分子化して消化、吸収性のよい水溶性複合体として製造したものが、いわゆ完全無臭のスカール(ウロコ)コラーゲンです。

したがって、このスカール(ウロコ)コラーゲンは、コラーゲン分解物(コラーゲンペプチド)以外にも、ウロコだけがもっているキチン質分解物 (オリゴ糖やグルコサミン)を含む優れものといえます。
私たちの細胞の栄養や情報を支える土壌をマトリックスといいますが、この主役はコラーゲン、多糖(グルコサミノグリカン、/コンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸など)、糖タンパクです。
スカール(ウロコ)コラーゲンはいながらにして、これらの土壌となるマトリックス成分をもち合わせている複合体であり、またとない大自然の恵み、乙姫様の贈り物と言えるでしょう。