アパタイトについて

ウロコから抽出したアパタイトの特性

現代の生物の骨や歯は、すべてハイドロキシアパタイト(単に、アパタイトともいいます)というリンとカルシウムの 化合物からできていて、人間も例外ではありません。
アパタイトは人工的にビーカー内でも合成できますが、これらの人工アパタイトとウロコから取り出した天然アパタイトの違いを、松本歯科大学の伊藤充雄教授に調べていただきました。
その結果、写真1でも分かりますように、ラットの頭骨に空けた孔に埋め込んでみると、天然アパタイト(H1)では2週間後には両側の骨とアパタイトが同化して孔は完全に修復されていますが、人工アパタイト(H2)では8週間経っても、孔はそのままで修復効果のないことが確かめられています。

apa-01-n

この理由は、天然アパタイトは人工アパタイトに比べ、きっちりした建物でなく、柱(結晶格子)が所々欠けていることが幸いして、 骨の成分であるカルシウムイオンの移動が容易となり、また含まれている鉄、亜鉛などの微量金属元素がさらにこの移動を円滑に手助けするためと考えています。

天然アパタイト入りはみがきの効能

天然アパタイトの効果により歯垢の付着や除去に優れている。
磨くだけで、歯のしみや痛みがとれる。
虫歯などでの、欠損部分に天然アパタイトの薄膜が形成され、徐々に沈着し修復されてくる。
口臭を吸着する作用があり、さわやかな使用感がある。
歯茎がキュッとしまってきて、歯槽膿漏を防ぐ。