学術情報

16116302

魚ウロコ由来ナノコラーゲン

RUナノコラーゲン(ルウコラーゲン)
フィッシュコラーゲン・海洋性コラーゲンとも呼ばれます。
コラーゲンとはどんなものでしょう…

uroko01

原料ウロコ

典型的な魚のウロコの模様は5つの部分に分けることができます。
体から外に露出している体表先端部[ V ]には、防御用の尖った針状物質があり、年輪中心部[ X ]の両側[ W ] のやや黒っぽく見える上側は体表面、やや白っぽく見える下側は体内に食い込んでいる 部分となっています。…

ika

イカ・コラーゲンハイドレート

イカコラーゲンタンパクの構成アミノ酸の特徴…

nankou

イカ軟甲

イカの甲から得られるβ-キチン・キトサンハイドレート(水和物)について

1. はじめに
食物繊維として知られ、カニやエビから採れる従来のα-キチン・キトサンに比べて、イカの甲から得られるβ-キチン・キトサンはその分子構造にネジレがなく、他の物質と結合しやすい特徴があります。…

apatait

アパタイト

ウロコから抽出したアパタイトの特性

現代の生物の骨や歯は、すべてハイドロキシアパタイト(単に、アパタイトともいいます)というリンとカルシウムの 化合物からできていて、人間も例外ではありません。…

shark

サメ軟骨コラーゲン

ルウ研究所では世界に先駆けて、硬質魚鱗から水溶性コラーゲンを抽出し、抜群の素肌の再生効果を示すスカールコラーゲン水溶液を発売しましたが、この度、第2弾としてコラーゲン・キチン質複合体を取り出し、これに今話題のサメ軟骨を消化、吸収、機能性を高めるために超微粒子にしてブレンドした、サメ軟骨コラーゲン「とんでけ」を発売することになりました。…

kitin-01

コラーゲン・キチン質複合体

コラーゲン・キチン質複合体とは、タイ、メバル、スズキなどの硬質魚鱗に